今年も、毎年恒例となっている京都市中心部徘徊イベントからスタートした (2018/01/04) の記事画像